<< NRC 第2戦 in ボーダー | main | がんばれ爺 >>

スポンサーサイト

  • 2007.03.09 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


模擬戦大会 検討まとめ

前エントリ http://reasonably.jugem.jp/?eid=20
のコメントの内容を元に、ルールを再構築してみました。

新しい課題は
継続検討が必要な部分は
にしています。ご一読くださいませ。
【大会名称】
 模擬戦大会(仮) なにかカッコイイタイトルをつけたいww

【参加人数】
 1チーム 4人

【チーム構成】
 兵士 2名 
 (ヒーラーが微妙にテンパりつつ、治癒がギリギリ間に合うくらいの人数がベスト。)
  魔法攻撃すべて禁止

 魔法使い 1名
  一部の禁止魔法を除く全ての魔法を許可

 ヒーラー 1名
  補助の専門職
  相手を攻撃することはできない
  相手への妨害魔法(魔法禁止区域など)は許可する
  もし、このキャラが死亡してしまった場合は、相手チームの反則負けとなる

 【課題】
  最終的に近接職+ヒーラーが残り、永遠に治癒しとけば試合が終わらない


   案)
    試合開始3分を経過した時点で、兵士を含めて、全てのキャラの治癒行為を禁止
    (ヒルポ含む)
    妨害魔法やbuff魔法はOK
    3分経過前にどれだけの余力を持っているかが勝負のカギ!?


 全参加者共通
  一部の禁止スキルを除く2次スキルの使用許可
  ヒルポ許可
    個人的意見では絶対に死なないヒーラーを入れるなら
    ヒルポ禁止にしたほうがいい気がする

  ステポ禁止
  補助魔法は許可
  死亡後の蘇生による復活許可

 禁止スキル案(継続検討)
  衝撃波
  攻撃上昇/魔力上昇/回避上昇/防御上昇などのbuff効果スキル全般
  剣攻撃の心得などの心得全般

 禁止魔法案(継続検討)
  腐食の霧
  透明化

【試合ルール】
 ヒーラー以外のメンバーを殲滅したら勝ち
  ヒーラーを誤って殴ってしまうこともあるだろうし、
  殴ったら即反則は厳しいのではないか?

   案)
    ヒーラーへの攻撃行為はアリ(詠唱キャンセル狙い)だが、
    ヒーラーを殺してしまったら反則負け。
    生かさず殺さず殴ってください。
    その場合、風の守護禁止(詠唱キャンセル狙いで殴ることができなくなるので)


【試合の流れ】
  コ謄繊璽爐瓦箸烹丕圓鬚△蕕じめ組んでおいてもらう。
 ◆タ拡修鬘丕圓貌れてもらう(各チームに主審と副審が入る。不正監視)
 .作戦タイム3分 
   (個人的には前回ちょっと長いかも?と感じた。
   作戦会議中はイベントの進行が停滞してしまうし、あんまり長くない方がいいかも)

 ぁィ丕團船礇奪箸砲橡睨〇箸ぅャラとヒーラーの申告
   (魔法使いは相手チームには秘密)
   (ヒーラーには看板出してもらう)
 Αゥ淵亜宍馨茵buff解除)
 Аゥ淵亜爾ら降り、リーダー間で模擬戦申し込み
 ─ゥウント10秒開始(この間に初期配置を変更)
 .カウント1が消えたら、戦闘開始

 (.3分経過したら、全キャラ治癒行為を禁止とする)


試合中に運営から各チームに対する連絡は基本的にPTチャットで行う。
例えば、3分以降に治癒禁止にするなら、1分・2分・2分30秒・2分50秒〜3分までの
カウントなどを
 【試合時間】 1分経過 (治癒禁止まであと2分)
のような感じでアナウンスする。


その他、不正と認められる行為を行った際にも、PTチャットで反則負けを告知する。



【大会の流れ】
 全然煮詰めていないが、NRCの運営手順が非常に参考になると思う。
 運営のお手本にしてはどうか?



【大会ルール】
 1DAYトーナメントか?
 とすると、参加チーム数はMAX8チームくらいが限界か?(7試合分)



----------------------------------------------------------------------------------------------------
【その他、運営をするに当たって注意事項】
 会場が固定なので、同時間に他のイベントとカブったらお手上げ。
 現時点で分かっている限りでは、NRCが同じ場所をコースに使用することがあるので、
 開催日を決定する時には確認が必要。


【要検討事項】
 一大会で複数試合をこなすチームが発生し、大会もそれなりに長い時間やるので、
 食料およびPOTの補給が必須

 運営側である程度供給できる体制を作らないと、試合毎に街と往復することになり、グダグダになる。

スポンサーサイト

  • 2007.03.09 Friday
  • -
  • 13:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
運営側である程度供給できる体制を作らないと、試合毎に街と往復することになり、グダグダになる。
↑これ結構重要だと思います
個人でやるといろいろ集めるの大変ですし、気軽に参加できる体制を作るという意味でいいのではないでしょうか

ぁィ丕團船礇奪箸砲橡睨〇箸ぅャラとヒーラーの申告
   (魔法使いは相手チームには秘密)
   (ヒーラーには看板出してもらう)

すごい疑問4人でやるならどっちが魔法使いかばれちゃわないかい?

あと2次スキル関係だけど凶悪すぎるの多いから試しで2次スキルまったくなしでやるのはどうだい?

補助専門のヒーラーを設けるのはいいと思います。それでこのヒーラーの扱いだけど、位置を固定するというのはどうだろうか?なんか将棋みたいで頭使ってやる模擬戦もどうかと思うけど、まあひとつの案として聞き流してクレイ。

  • kolme
  • 2006/09/28 10:06 AM
すいましぇん。
忘れてたわけじゃないでふ。
投げてた訳じゃ無いでふ。

それでちょっと↑のルールで確認したいことがあるのでふが、
>ヒーラー 1名
自分で提案しておいてなんでふが、
この役をやりたがる人ってあまり居ない気がしまふ。
なんだか、戦闘から外れてるみたいで・・・・

んで、ヒーラーは前回出たアイデアの
【予備の魔法使い】
も兼ねる、ってどうでしょうか?

開始は戦闘の補助しかできないが、
【魔法使い】が死ぬと、戦闘に参加できるってルールで。

>ヒーラーを誤って殴ってしまうこと
これについては、ヒーラー戦闘区域の端っこで移動禁止にすればいいかと思いまふ。
ボクシングでも審判を誤って殴ることはあっても、セコンドを誤って殴ることはそう無いはずでふから。

あと禁止事項なのですが、
外部で判定できないのは制限として難しいと考えてたり・・・・
身内以外でやるとなると、「使っただろ」とか「使ってねぇよ」とかごちゃごちゃするのは避けたいでふからね。
  • 刀真
  • 2006/09/28 8:10 PM
また色々と妄想してみた。


>開始は戦闘の補助しかできないが、
>【魔法使い】が死ぬと、戦闘に参加できるってルールで。

【魔法使い】が死んだ時点で、【ヒーラー】は攻撃魔法を許可される。
攻撃魔法が許可された後は、相手が【ヒーラー】を死亡させることもOK。
(じゃないと、魔弾打ちまくりの凶悪な人になるw)

もし、【魔法使い】が蘇生にて生き返ったら、
【魔法使い】【ヒーラー】の2人とも魔法許可。
(蘇生魔法を決めるリスクに対してのリターンとしてこれくらいはあってもいい気がするので)


こんな感じですかね?

ルール的にちょっとゴチャゴチャ複雑になっちゃうかもしれないので、
そのあたりは次回のリハで検討ですかね?


>これについては、ヒーラー戦闘区域の端っこで移動禁止にすればいいかと思いまふ。

それこそ、「なんだか、戦闘から外れてるみたい」になるような気がしなくもないんだがw
僕の感覚では、一定位置に止まってずっと治癒してても、全然楽しくないしw

まぁ、↑の件も含めて言えることですが、【ヒーラー】案はまだ机上でしか動いてないですし、
まずはリハやってみてから、もう一度検討したほうが具体的になるかな?


>外部で判定できないのは制限として難しいと考えてたり・・・・

そうなのよね〜・・・。
そうすると、結局

 。下.好ル全面開放
   凶悪なスキルも多々ある・・・。

    ex) AGI特化が「回避2」と「反撃」を使ってしまったら、
      相手が1発攻撃する間に、通常攻撃2発+反撃(40%だっけ?で発動)
      が発生し、攻撃効率240%くらいにはなってしまう
      (クリティカルや連撃を使えばもっと・・・)

    ex) VIT特化に「防御2」と「体力回復」を使われたら、死亡まで持っていくのは
      かなりキツイ
      (さらに治癒などで回復されたら・・・)

   などなど。

 ■下.好ル全面廃止
   前のエントリでフフちゃんが言っていたように、
   >接近職の色が出せる数少ない箇所と思う
   という部分を犠牲にすることになる。

 のどちらかを選択することに・・・orz

 2次スキルを制限するウマイ手段が発見出来ない限り、△靴ないかな・・・orz


ついでに、ヒルポ禁止の方がいいのでは?と書いた件について追記

【ヒーラー】の価値を発揮させるという意味の他にヒルポを禁止したい理由としては、
>食料およびPOTの補給が必須
っていうのが、現実的にはキツいと思われるので・・・。

 1試合8人が参加し、各10個のPOTを使用したとして、80個
 仮にトーナメントで8チーム=7試合とすると、
 80個x7試合=560個

必ずしも運営が全て用意しなければならない、てことはないと思うけど、
使用量がかなり多くなってしまいそうなので、大変かなー、と。

いっそ、「POTは各自が用意し、運営は一切関知しません。」
と割り切ってしまうのも、ひとつの手段ではあるが・・・。


食料は一試合での消費数がそんなに多くないだろうし、
焼肉を大量に持っていけば、スタミナくらいは運営側でめんどう見れる気はする。

  • くらっさす
  • 2006/09/29 7:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

The Belle Isle Developed by HEADLOCK Inc./presented by ELEVEN-UP Inc. 当blogで使用している画像は、特に記載無き場合も含め、著作権は全て製作会社や運営会社等に帰属します。